日吉台きむら内科は、経鼻内視鏡で安全で苦しくない胃カメラ検査を行っています。

MENU

逆流性食道炎

記事のサムネイル画像

 逆流性食道炎とは胃液が食道に逆流することにより炎症(ただれ)が生じ、胸やけ、呑酸(酸っぱい水が上がってくる感じ)、嘔気、げっぷなどの症状をきたす病気です。胃液は強酸性であり、食道粘膜には刺激が強すぎるため炎症を起こしてしまうのです。

 逆流性食道炎によく似た病気に、非びらん性胃食道逆流症というものがあります。これは逆流性食道炎と同様の症状を呈しますが、食道に炎症はありません。この2つをあわせて胃食道逆流症といいますが、炎症のあるものが逆流性食道炎、ないものが非びらん性胃食道逆流症ということです。

 逆流性食道炎の直接の原因は、食道と胃のつなぎ目にある下部食道括約筋が緩むことです。さらにその原因としては、加齢による筋力低下、肥満や姿勢の悪さによる腹圧の上昇のほか、食べすぎ、飲みすぎ、喫煙などの生活習慣の乱れがあげられます。また胃がんや胃潰瘍の原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌の感染者数は減少傾向にあり、未感染の胃は元気なので胃酸の分泌が豊富で、これが逆流性食道炎が増加している一因ともいわれています。

 逆流性食道炎は命に関わる病気ではありませんが、症状が強いと生活の質が低下します。また逆流性食道炎と似たような症状でも、狭心症や心筋梗塞などの心臓病や、食道がんのこともありえます。胃内視鏡検査(胃カメラ)できちんと診断することが大切です。

 治療としては生活習慣の見直し(減量、食生活の改善、禁煙など)とともに胃酸を中和するお薬を飲んでいただき、多くの方で症状は軽快します。ただし先にあげた非びらん性胃食道逆流症は、逆流性食道炎に比べてお薬が効きにくいので注意が必要です。食道の知覚過敏(軽い刺激でも症状が出やすい状態)が大きく関わっているためだといわれています。


一覧へ
2024年5月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ一覧

年別アーカイブ一覧

ブログはこちら 日吉台きむら内科 日吉台きむら内科 アレルギー検査はこちら ネットで初診予約をする
TEL022-348-0722